2010年10月19日

ふれ合う大切さ

アリスです。

普段、あなたは大切な家族やパートナーとスキンシップを取ったり、友人とふれ合っていますか?

私は、カウンセリングやエネルギーセッションをする際、少しだけ相手の身体に「ふれる」ことがあります。
決して妙な意味はありません。 あせあせ(飛び散る汗)
そっとふれることで、緊張したり落ち込んでいる人の心に、非言語的だけれども、何かを伝える気持ちでふれているのです。

実際、私も本当に悲しい時や苦しい時に、傍にいる人に抱きしめてもらったり頭を撫でられて、フゥッ・・と息の抜けた経験があります。感情の嵐に心が惑わされている時は、鎮まるまで身体も動かずに耐えようとしてしまうのかも知れません。
(逆に、暴れてしまう人もいるかも知れませんが・・・)

私たちは、ふれ合うことが少なくなると、自分が「生きもの」だという感覚が鈍くなり、自分や人の身体を粗雑に扱いがちになるようです。
体感覚が鈍くなるとでもいうのでしょうか。
いつの間にか、ふれ合うことに特別な意味を持ち過ぎて、ふれ合うことが恐くなってしまう時期もあるようです。

そこを打破するのが、日頃のかるーいふれ合いです。
「元気?」「大丈夫?」と挨拶がてら軽く肩にふれたり、楽しい時や嬉しい時に「やったね!」とハイタッチしたり。落ち込んでいる時や悲しんでいる時は、そっと背中にふれられるだけでも、人のぬくもりを感じて嬉しいものです。

・・・とは云うものの、相手が異性や年上の時は、充分、常識的な配慮をしたうえでないとキケンです。こちらが気を使ったつもりでも、「馴れ馴れしい!」と怒られることもありますから。 どんっ(衝撃)
まずは、身近な家族や同性の友人がいいと思います。

これから少しずつ秋も深まり、肌寒くなります。
心まで寒くならないように、かるーいふれ合いを楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと、お互いの心のつながりが増す、いいきっかけになると思います。
posted by アリス&バロン at 00:28| Comment(3) | TrackBack(0) | セッション/コーチング

2010年10月10日

ハイ・クオリティ

アリスです。

太宰府は、いわし雲のきれいな晴れの日が続いています。

少し前になりますが、市内のデパートで「京都展」が開催されました。
夫の友人が出店していると聞き、友人の顔を見に行くつもりで出かけたのですが、さすが・・京都 ぴかぴか(新しい)揺れるハートぴかぴか(新しい)
日本古来の伝統的な香が漂い、女性を思わず可愛らしくしてしまうような繊細で可憐な小物がたくさんあって、うっとりとため息がでてしまうような空間でした。

まさに職人の息吹とでもいうのでしょうか。
一つひとつに魂が込められているような濃くて華やかな世界。伝統的なようで、よく見るとモダンなデザインと色彩。これほどに創造性の高いものが生まれる土地だからこそ、大勢の人が世界中から憧れを抱いて足を運ぶんだなぁと、今更のように伝統に支えられた層の厚さを感じました。

特に、女性の使う物のデザインは本当に魅力的でした。
控えめなようでいてコケティッシュ、細い竹のようにしなやかで芯のある性・・、そんなイメージが浮かびました。
昔から、京女の格別な魅力が小説などにも書かれていますが、思わず納得!してしまう程に、美しいものがたくさんありました。
京小物のような、美意識の高い職人の手で作られた美しい物を幼い頃から見たり使っていたら、女性らしい魅力が自然に開花されるのかも知れない、と思ったほどです。

友人の履物店も、そのなかにあって、ひと際耀いていました。
彼の店は「お誂え専門の京履物店」。
美しい履物を作るために、足の寸法を取り、どんな時に履きたいか相談をして、それから台や花緒を選ぶというものです。
しかも、とてもしっかりした作りなので、10年、20年と使えて、途中の修理や花緒や根付けを変えたり、台のクリーニングも受け付けているのだとか。

私が見学している最中にも、お洒落な着物姿の方たちや、修理の依頼や花緒だけ変えたいと履物を持って訪れて方がいらして、彼の一人ひとりの方と丁寧にお付き合いしている姿勢が眩しくて、素晴らしい人だなぁと感動しました。

全国のデパートに呼ばれているようなので、近くで見かけた時は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
きっと、日本の美意識や高い創造性、奥深さを実感できるのでは、と思います。 ぴかぴか(新しい)


京履物店 「祇園ない藤」↓↓
http://gion-naitou.com/
posted by アリス&バロン at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月03日

ジャズ・ライブ

アリスです。

昨夜は、ジャズの生演奏を聞いてきました。
普段はポップスやクラシックを聞く方なので、ジャズの知識はほとんどなく、聞いてわかるかなぁとドキドキしながら聞いたのですが、案の定?拍手のタイミングがわからないながらも、クールなドラムの演奏や友人の演奏するジャズオルガンのメロディー、しなやかなギターの音に身を委ねて、楽しい時間を過ごしました。

一緒に聞いていた、やはり楽器を演奏する友人は、一般の私とは聞き方も違うようで「演奏してみたくなるな」と言っていたのが印象的でした。“好き”のエネルギーが伝わってくるのでしょうね。

昨夜のジャズの音は、モノクロの映画のような、クラシックな洋装をした男女のコミカルな動きが8mm録画のようにカタカタと動くようなイメージでした。おしゃれで楽天的な、大人の音楽でした。 ぴかぴか(新しい)

それにしても、音楽を奏でている時の友人の生き生きした表情や音楽好きの人達の会話は、傍で聞いているだけで、その軽快な楽しさが伝わってきて、かっこいいなぁとちょっぴり憧れました。

何か共通の好きなものがある人たちが集まる時の雰囲気って、いいものですね。私の感覚で言うと“好き”という感性が高まって、みんながワクワクしている感じがします。

ちなみに、私は演奏された曲の何曲かを、あ、これセミナーのお昼休みにいいかも、などと考えてしまいました。
人それぞれ好きなものは違いますから、受け取るものも違う、ということで・・ あせあせ(飛び散る汗)

ジャズ・ライブ、次回もぜひ聞きに行きたいです。
ステキな時間を、ありがとう!
posted by アリス&バロン at 18:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記