2010年09月27日

自然からの贈り物

アリスです。

ひと雨ごとに涼しくなっているこの頃。
市場では、いちじくや栗が出回り始めました。実りの秋ですね。

先日、久しぶりに福岡の糸島方面へドライブしました。
身体にいい天然の放射能ラドンの含まれる温泉や、以前から気になっていたパン屋さん「CURRENT」に行ってきました。
また、海岸線沿いにある二見ケ浦の夫婦岩など、3か月ぶりに海の氣を感じて、爽やかで軽やかな感覚に満たされました。普段、山側で暮らしているので、たまに見る海の景色はとても気持ちいいものです。

氣を感じやすい人から聞いた話ですが、一般に海側は陽の氣、山側は陰の氣が強いそうです。だからでしょうか、私も海へいくと開放的な気分になり、山に戻ると静かに本を読んだり瞑想したくなります。
普段、どちらかに片寄りがちな人は、時々動くと心身のバランスを取る助けになるかも知れませんね。 ぴかぴか(新しい)

最近、とみに聞くパワースポットなども自然の豊かな場所が多いのは、やはり言葉では表現しにくいけれども、何かしら自然から心の安らぐような元気になるエネルギーをもらうのでしょうか。

ちなみに、私の大好きなスポットは、熊本の阿蘇です。以前、東京から帰った時は必ずと言っていいほど出かけて、大地の力強さを感じていました。
あとは、熊本の天草も好きですし、自然ではないですが長崎の大浦天主堂も好きです。
その時々で、自分にとって必要な何かを受け取っているのかな。

今回ドライブした糸島は、海と山の近い、爽やかな海風とのどかな田園風景が続く、とても気持ちいい素敵なドライブコースでした。
合間に温泉やおいしいパン屋さん、おしゃれなカフェがあり、日帰りでたくさん楽しめました。

また、時間を見つけて出かけたいものです。

みなさんも、心が元気になるスポットやおススメの地域があれば、ぜひご紹介下さいね。 揺れるハート
posted by アリス&バロン at 20:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月22日

天才性の種

アリスです。

太宰府は、台風の影響を受ける度に少しづつ秋らしくなってきました。少し冷たい風と夏を名残惜しむようなセミの声が入り混じって季節の変わり目を感じます。

先週は、ライフワークスクール第2ステージを開催しました。
このステージのテーマは「天才性」。
「自分は才能なんてない」と感じて生きている人にはちょっぴりハードルが高く感じるステージかも知れません。私もナビゲートする立場ながら、「私の才能って何だろう?」とドキドキしてしまいました。 あせあせ(飛び散る汗)

ライフワークを生きることを提案する本田健氏の言葉を借りるならば、「天才性」とは、その人特有の才能のブレンド。だから、誰一人として同じものはないということです。
確かに、同じ両親のもとに生まれ育った兄弟でも、性質や特技は違いますよね。だとしたら、当然才能も違う、感性も違う、まして表現方法ともなれば、まったく違ってくるわけです。

例えば、「楽しさ」を表現するのでも、身体を使ってダンスをする人もいれば音楽を奏でる人もいる、物語を作る、ゲームを作る、絵画を描く、人前で話す、花をアレンジする、料理を作る、建物を設計する、服をスタイリストする・・などなど。
人によって何を使ってどう表現したいかは違いますよね。シンプルに言うと、何を選びどう表現するか、なにを表現したいか、そんなたくさんの要素を組み合わせたものが、その人だけのブレンドということなのでしょう。 ぴかぴか(新しい)

スマップの「世界に一つだけの花」の詩のように、私たちはみんな「一人ひとり違う種を持つ」。種に気付くのも開花させるのも自分次第なのですね。

あ、・・そう云えば、最近私はお花にツイテルのです!
花束や手作りのアレンジメントをいただき、とっても幸せな気持ちです。 揺れるハート
hana.jpg hana3.JPG
そのテンションで、いくつかの鉢植えも植えました。
太陽の光のような黄色のゴールデンコスモス、逞しく力強い白い浜菊、鮮やかな紫や可憐なピンクの日々草など。
花の手入れをする時は、私にとって心の和む楽しいひと時です。

秋空の下、花にふれながら、自分の天才性の種についてもう一度感じたり考察しようと思います。

posted by アリス&バロン at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月09日

瞑想セミナー

アリスです。

台風の過ぎた影響で、今日の夕方は肌寒いほどの風でした。
みなさん、体調など崩されていませんか?

さて、先日の日曜日、瞑想セミナーに参加してきました。
というかバロンのサポーターとして参加したのですが。
バロンの熱い情熱が詰まった一日がかりのみっちりと濃い内容で、おもしろいのと疲れたので、ヘトヘトになりました。 たらーっ(汗)

でも、私も、毎朝30分程度はヨガと呼吸法、瞑想をしているので、多少なりとも今回の参加は自信を持っていたのです!まぁ、足はシビレルかもしれないけれど座っているだけだから楽だろう、なんて。バロンの説明も、ふんふん♪と聞いて、きっと私はうまくできる、と信じていたのです。

が、残念ながら
これは、あまい見通しでした・・。

最初の瞑想では
たぶん、かなり眠っていました。ま、昨夜遅くまで起きていたし、最近の暑さで疲れてるし・・などと、心で言い訳をしました。

次の瞑想では
身体のあちこちにカユミを感じたりイライラし始めました。過去のイヤな記憶を想い出したり、何でこんなことしなくちゃいけないの?だいたい難しすぎる、なんて怒りすら感じたほどでした。

ここでお昼休みを迎え、なんで調子悪いのかしら?と自分への不満を見て見ぬふりをしたい気持ちになり、ちょっぴり辛い気持ちに・・。

その後、瞑想で初期に起きやすい状態についての説明があり、私のような状態はよく現れるパターンであると聞いて少し気持ちも落ち着きました。そして、午後は眠たくなるかな?と思いきや、午前とは変わって、かなり意識が明瞭な状態で瞑想に入ることができるように。 グッド(上向き矢印)
午前と同じく雑念はとどまることなく湧いてきましたが、さほどイライラもせず、瞑想するのが苦ではなくなってきました。

その後も、身体のあちこちが痛みを感じたり、雑念は泉のように湧き続けたものの、繰り返すほどに身体が全体的に楽になって、時間も短く感じるようになりました。最後の瞑想は最初と同じ時間にも関わらず、え、もう終わり?というぐらいに短く感じて、感じ方が違うことに驚いたほどでした。

バロンがハマるのもわかるなぁと妙に納得。

そして、その後の私は、バロンから云われもしないのに、瞑想を朝と夜に取り入れるようになりました。 わーい(嬉しい顔)

確かに、何かがすっきりするというか、心が落ち着く時間が長くなったような“いい感じ”がするのです。これまで続けてきた呼吸法とはまた違う深み、心と身体の不思議を感じます。

瞑想、恐るべしっ! ぴかぴか(新しい)

趣味が、ひとつ増えそうです。
posted by アリス&バロン at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー